【公演NEWS】りゅーとぴあ×世田谷パブリックシアター『住所まちがい』~開幕コメント、舞台写真公開~

りゅーとぴあ×世田谷パブリックシアター『住所まちがい』が世田谷パブリックシアターにて開幕しました!



田中哲司 渡辺いっけい 仲村トオル

りゅーとぴあ×世田谷パブリックシアター『住所まちがい』
撮影:二石友希



りゅーとぴあ×世田谷パブリックシアター『住所まちがい』
撮影:二石友希



りゅーとぴあ×世田谷パブリックシアター『住所まちがい』
撮影:二石友希


『住所まちがい』はミラノ・ピッコロ座の座付作家ルイージ・ルナーリが1990年に発表した作品で、現在までに世界20ヵ国以上で翻訳上演されているルナーリ自身の代表作ともいえる作品で今回が本邦初演となる、極限状態で展開される会話の妙による上質な喜劇です!

同じ場所で偶然遭遇し、不思議な一夜を共にする三人(社長・教授・元警部)を仲村トオル、田中哲司、渡辺いっけい、謎の女性役を朝海ひかるという映像や舞台で八面六臂の活躍を繰り広げる円熟味溢れる俳優陣が演じます。(あらすじは記事後半に)

本邦初演にあたり、白井自身の上演台本で、混沌とした現代に生きる私たちにふさわしい作品を立ち上げます。2022年4月に世田谷パブリックシアター芸術監督に就任した白井晃の、就任後初となる当劇場での演出作となります。


上演台本・演出:白井晃

ベテラン俳優たちが本当に大熱演で、素晴らしい初日になったと思います。
皮肉の効いたユーモア満載の作品ですが、お客様にも楽しんでいただけたようで、客席のお客様の反応があって初めて喜劇は成立するのだなとしみじみ感じました。この作品には自分たちの「生」というものを、もう一度、反対側から見つめ直すというようなメッセージがあるので、(今日の芝居で)しっかり浮き出てきた感じがしまして、俳優の皆さんに感謝です。ベテラン俳優たちがあれだけ力を振り絞って頑張っているという姿に胸打たれました。フィクションを作るのは大変だけど、だからこそ面白いと改めて思いました。


社長役:仲村トオル

「2時間4人で駆け抜けた」ちょっとすがすがしい気持ちです。ゲネプロでも、いっけいさんと哲司さんのやりとりを舞台上で見ていて、レーサーみたいだ、まるで台詞レーサーみたいだ(笑)と感じていました。すごい勢いで走るなぁ! すごいコーナーの攻め方するなぁ!って。自分も含めて、まぁまぁいい歳レーサーですけど(笑)。

お客様の反応が理想に近いというか。こうだったらいいなと思っていた反応をいただいたと思います。爆笑の連続というような内容ではないと思っていましたし、元がイタリアの戯曲ですから、伝わるのか、と不安もありましたけど、ちょうど良い、よりは少し多めの温かい空間の優しい反応が心強くなるような、背中を押されるような。そんな感触でした。レーサーが、ハンドルを握って猛スピードで走りながらも、スタンドで応援してくれる人が見える瞬間があると聞いたことがありますが、そんな瞬間があったような気がします。

自分達のやっていることなので、客観的に見られない、というのはありますけど、いい大人が懸命に生きるか死ぬかみたいな話を、ものすごい勢いで舞台上で喋り続けます。人と人とは、ほんの少ししか分かり合えないのかもしれないけど、ほんの少し分かり合うために、みんなもっとコミュニケーションしよう、というようなことを感じていただけたら、と思います。


教授役:田中哲司

一言で言うと、疲れたぁ…っていう感じですね(笑)。あと無事に幕が開いたのが良かったなと。お客さんの反応がやっぱり新鮮で、あ、そこに面白がったり動揺したり、あ、そこウケるんだ、とか。

お客様が入っても芝居はなるべく変えないようにしています。自分達が稽古で作ってきたリズムを壊したくないので、お客さんの笑い声にかぶっても強引に台詞を言っちゃいます。勿論、白井さんに言われたら修正しますが。今日ちょっと本番中に、ふと汗だくの二人を見て、もちろん僕も汗だくなんですけど、もうあの三人は戦友みたいだな、頼る人がここしかいないから(笑)守り合っていこうね!っていう。ミスしても次続けて下さいっていう。今日も 2、3 箇所ありましたけど(笑)。

トオルさんと僕が 56 とか 57 歳で、いっけいさんが 59 歳、朝海さんも 50 歳で、こんなおじさん達が、なんか必死こいて台詞噛んだり間違ったりしながら頑張ってる姿を観に来て下さい。


元警部役:渡辺いっけい

ぽろぽろミスは色々したんですけど、そこを後悔する気持ちが実はあんまりなくて、大きなミスはなくて良かったです。ゲネプロの時を考えると、僕も含めて皆修正してがんばったんじゃないですかね?白井さんが何て言うか分かりませんが。知的なお客様が多かったです。初日のせいもあるかもしれません。ご年配のお方はちゃんとこういうところで笑うんだ。と逆に感心しました。ちゃんと伝わるんだと。


謎の女性役:朝海ひかる

お客様がいらっしゃることによって、こういうお芝居はやっと完成するんだなと身をもって感じた初日でした。私の出番はかなり最後の方なのですが、出た瞬間から空間がとても温まっていたので、とても自由に楽しくお芝居をさせて頂きました。

本当に素敵な初日でした。

本当に愛すべき三人の男性が極限状態に立たされた時の人間模様というか、三人三様の感じ方や過ごし方がこんなにも違うのかと思いました。観にいらしていただいたお客様一人一人に何かしらひらめきや「そういう考えがあったんだ」という気づきが散りばめられてる戯曲です。私も毎回人生勉強をしながら三人の台詞を聞いています。そんな気づきを求めに劇場へ是非足をお運びください。お待ちしております。



クレジット/宣伝美術:近藤一弥 宣伝写真:二石友希


謎の女(朝海ひかるさん)は……ぜひ劇場で!

ストーリー
社長、大尉、教授の3名が、それぞれの理由で――社長は女性との密会のため、大尉はビジネスのため、教授は自身の最新出版書のゲラチェックのため――同じ場所に 居合わせる。3人が鉢合わせたこの場所はホテルなのか、事務所なのか、それとも出版社なのか。最初は互いに自分が正しいと信じて いたが、実はそうではないことがわかってくる――住所は3人それぞれにとって「正しい」住所だったということに。
奇妙な状況下、突然、大気汚染を告げる警報ベルが鳴り、3人とも外に出られなくなってしまう 。3人は一緒に一晩を過ごすことに なるが、徐々に恐ろしい疑念が頭をもたげてくる。もしかしたら……。
3人の会話はユーモアに富み、生と死、運命、宿命、自由な意志、神の存在、無神論等の話題がゴシップのように語られていく。すると突然、掃除婦らしき謎の女性が部屋に入ってきて曖昧なことばかり語り始める。3人の疑念はさらに強まっていく……。



本邦初演の『住所まちがい』では、上記ストーリーを踏襲しながら、原作者の許諾を得て、舞台を日本に置き換えました。社長(仲村トオル)、警部(渡辺いっけい)、教授(田中哲司)の3名が同じ部屋に鉢合わせるところから、物語が始まります。極限状態で展開される会話の妙による上質な喜劇をお楽しみください。

りゅーとぴあ×世田谷パブリックシアター『住所まちがい』
2022年9月26日(月)~10月9日(日)@世田谷パブリックシアター
【ツアー公演情報】
豊橋:2022年10月13日~14日 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT 主ホール
兵庫:2022年10月22日~23日 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
松本:2022年10月29日 まつもと市民芸術館 主ホール
新潟:2022年11月2日~3日 りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場

原作:ルイージ・ルナーリ
上演台本・演出:白井晃
出演:仲村トオル 田中哲司 渡辺いっけい 朝海ひかる

公演HPはこちら

この記事は公演主催者の情報提供によりおけぴネットが作成しました

おすすめ PICK UP

【一緒に新しい景色を!】ミュージカル『SPY×FAMILY』製作発表レポート

ミュージカル『スクルージ ~クリスマス・キャロル~』日生劇場にて開幕!

新国立劇場バレエ団『くるみ割り人形』柴山紗帆さん・速水渉悟さんインタビュー

【公演NEWS】新国立劇場の演劇<未来につなぐもの>第二弾『夜明けの寄り鯨』開幕!

【おけぴ観劇会】中川晃教さん主演ミュージカル「チェーザレ」おけぴ観劇会 1/21(土)昼開催決定!

ミュージカル『太平洋序曲』海宝直人さんインタビュー~ソンドハイムを歌い、演じるということ~

【公演NEWS】新国立劇場 フルオーディション企画・第6弾 ミュージカル『東京ローズ』(2023年12月)全キャスト募集します!

【公演NEWS】トラム、二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』開幕 ! 初日コメント・舞台写真が届きました

【おコンサート番外編】杉山有大さん「私という人間」開催決定!

【おけぴ観劇会】ミュージカル「スパイファミリー」おけぴ観劇会開催決定!

2023年2月23日(木・祝)昼公演にて舞台『キングダム』おけぴ観劇会開催決定!

おけぴオンライン番組表(巣ごもり番組表から改名)の使い方

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)