【公演NEWS】横山拓也(作)×瀬戸山美咲(演出)『う蝕』シアタートラムにて開幕!

横山拓也×瀬戸山美咲 注目の劇作家・演出家による強力タッグ作
男性6名の実力派キャストを迎え会話に特化した不条理劇がついに開幕!





立場や事情の異なる人々の葛藤を対話中心に描き出す作劇に定評のある横山拓也と、公共劇場から商業演劇まで幅広く活動し今最も勢いのある劇作家・演出家のうちの一人である瀬戸山美咲。この二人の強力タッグによる『う蝕』がついに開幕いたしました。坂東龍汰、近藤公園、綱啓永、正名僕蔵、新納慎也、相島一之 の6名が、被災した島で遺体の身元確認のため集められた歯科医師たちをめぐる不条理劇を創出。シアタートラムの空間ならではの凝縮された会話劇を是非ご体感ください。

作:横山拓也さん、演出:瀬戸山美咲さん、出演者のみなさんからのコメントと舞台写真(撮影:細野晋司)が届きました。





【作】 横山拓也コメント

僕がこの作品を書いているときに一番「不条理」に感じたことは、登場人物の歴史が全然見えてこないところでした。本当にこの人たちはここに存在するのだろうか…。手がかりの少ない人物たちに命を吹き込んでくれた 6 名の俳優の皆さん、ありがとうございました。そして、能登半島地震を受け、台本に大きく手を入れさせてもらうことなりましたが、改稿作業に粘り強く付き合って、上演にまで漕ぎ着けてくれた演出の瀬戸山さんにも心から感謝しています。現実と作品の距離を的確に見つめながら、ちゃんとエンターテイメントになっているのがすごいです。


【演出】 瀬戸山美咲 コメント

俳優の皆さんと、横山さんの意欲的な戯曲を探検してきました。少し不思議で少し残酷で少し優しい横山さんの世界。たくさんの鉱脈をみんなで見つけることができたと思います。現実の出来事に心を寄せながら、自分たちの立つ場所を確認してつくってきました。初日を迎えた今、演劇だから語れることがあると改めて感じています。わかると面白い、わからないことも面白い、そんな作品になったと思います。個性際立つ俳優の皆さんの競演をじっくりお楽しみください。


【出演】 坂東龍汰コメント

無事に今日を迎えられたことにまず感謝をしています。
こんなにもお芝居のことを考え戯曲と向き合った日々はありませんでした。
素敵なキャストとスタッフの皆様に支えてもらいここまで来れたと思っています。
真剣に心を使ってお芝居をしています。
それが見てくださる方に伝わるように一生懸命頑張りますので千秋楽までよろしくお願いします。
ワクワクを絶やさずに!


【出演】 近藤公園コメント

「あぁでもない、こーでもない!」と、皆で作品と格闘する日々は本当に濃密で、「これぞ演劇!」と何度も胸が熱くなりました。この時期に、この不条理を抱えた作品を上演するにはその熱量が必要不可欠だったと思えるし、そのがむしゃらになって作り上げた演劇には、“何かしら”の力が宿っていると信じています。日々、この作品に込められた“何かしら”を観客の皆様に手渡すように、舞台に立てたらと思っています。


【出演】 綱啓永コメント

無事に初日を迎えられて、今はワクワクと安堵の気持ちで一杯です。
稽古初日から最後まで、僕にとって本当に贅沢すぎる時間で、本当にここまでの充実を噛み締めています。
横山さんにあて書きして頂き、瀬戸山さんの丁寧な演出により出来上がった剣持を、最後まで魂込めて演じます。
カンパニーの皆様、ファンの皆様、そして劇場で観劇してくださる皆様への感謝を忘れずに、千穐楽まで突っ走ります。
男6人で男臭く創り上げる「う蝕」の世界。
この戯曲をこのタイミングでやる意味をしっかり心に秘めて、観劇してくださった方へ何か大事なモノを受け取ってもらえたら幸いです。
「う蝕」宜しくお願いします!


【出演】 正名僕蔵コメント

いかがでしたでしょうか……?
と、ご来場の皆様お一人お一人にご感想もしくはご意見を根掘り葉掘りお聞きしたい……、そんな心境です。
いかがでしたでしょうか……?
もちろん主語は“わたしは”ではなく、“われわれは”です。横山さんが書かれた台詞のひとつひとつを、瀬戸山さんを中心にみんなでディスカッションを重ねながら形にしていくなかで、今回、いち役者の範疇を越えてこの作品に関わった、そんなところがあります。だからでしょうか、お客様に対しても何か範疇を越えて関わりたい、そんな心境です。鬱陶しいやもしれませんが。
いかがでしたでしょうか……?


【出演】 新納慎也コメント

日々テレビという箱に映るリアルな瓦礫の山。
舞台上の箱が開くとそこは瓦礫の山に見える。
リアルなのかどうかわからない箱の中の虚構の世界。
僕たちはこの箱の中の虚構の世界からリアルを伝える。
図らずもこのタイミングで上演することになった作品ですが、今だからこそ観客の皆様にビビッドに感じていただけることも多いと思います。
初日の幕が開き、お客様が何をどう感じてくださるのか不安もありますが、僕は今だからこそ演劇に出来ることを信じて、日々繊細に演じていきたいと思います。被災地に想いを寄せて。


【出演】 相島一之コメント

演劇を作ることの大変さと面白さ、そして演劇とは一人ではなくみんなで作るものなんだということを改めて実感させてもらった稽古期間でした。僕らが稽古場で立ち上げた一本のお芝居が、劇場でお客さんの前で演じられてようやく演劇として完成します。思いおこせばコロナ禍のもと無観客でお芝居をするという本来あるべきではない姿の演劇もありました。だからこそこうしてみなさまに観ていただけることの喜びを噛み締めています。トラムならではの濃密な空間を僕らと一緒に楽しんでいただけたら幸いです。本日はありがとうございました。







さらに作品ご紹介すると──瀬戸山は横山の戯曲の魅力について、「とても解決しづらい問題をど真ん中に置き、それについて人間ドラマが展開していくことだと思うのですが、瞬間瞬間の会話自体がスリリングで、人を引き込む力がある」と語っています。そこで今作は、そうした横山の創り出すスリリングな会話劇に特化した作品づくりを目指すことに決まり、シーン自体がセリフだけで進んでいくような展開の立案から、不条理劇という手法へとたどり着きました。横山は「今回は劇作家として、構成というか形というものに向かう色気みたいなものを排除して、徹底的に会話させることで面白いものができるのかなとイメージしています。」と語っています。

そしてストーリーは、横山が取材を進める中で印象的だったエピソード ―震災後の焼け野原で、身元不明の遺体の中に立つ男がいる、彼は歯の手術痕から身元の特定を試み続けた実在の医師である…― をベースに置き、更にはフランツ・カフカ、サミュエル・ベケット、別役実の作品をモチーフの参考として創作されました。

公演は3月3日(日)までシアタートラムにて、その後、兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール、Niterra日本特殊陶業市民会館 ビレッジホールで上演です!
【公演情報】
『う蝕』
【作】横山拓也
【演出】 瀬戸山美咲
【出演】 坂東龍汰 近藤公園 綱啓永/正名僕蔵 新納慎也/相島一之
 2024年2月10日(土)~3月3日(日) シアタートラム
 2024年3月9日(土)・3月10日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
 2024年3月16日(土) Niterra日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

【『う蝕』 公式 X(旧 twitter)】 @ushoku_sept
【『う蝕』 公式 Instagram】 ユーザーネーム: ushoku_sept
【世田谷パブリックシアター公式 twitter】 @SetagayaTheatre
【『う蝕』公式ホームページ】 https://setagaya-pt.jp/stage/2132/

この記事は公演主催者の情報提供によりおけぴネットが作成しました

おすすめ PICK UP

博多座25周年記念作品『新生!熱血ブラバン少女。』製作発表レポート

ミュージカル『カム フロム アウェイ』稽古場取材会レポート~シーン披露編~

新国立劇場バレエ団『ホフマン物語』小野絢子さん、米沢唯さん対談

ミュージカル『カム フロム アウェイ』製作発表会見からひも解く見どころ

“ぜんぶ素晴らしくて、くだらない。” 音楽劇『テラヤマキャバレー』開幕!

【おけぴ観劇会】ミュージカル『ナビレラ』おけぴ観劇会6/1(土)昼シアタークリエにて開催決定

【おけぴ観劇会】ミュージカル「この世界の片隅に」おけぴ観劇会 5/19(日)昼開催決定@日生劇場

【愛とハッピーと笑いを届ける】ミュージカル『トッツィー』開幕! 初日前日囲み取材&公開ゲネプロレポート

ミュージカル『ボディガード』制作発表レポート~歌唱披露&会見~

舞台『オデッサ』開幕レポート~プレスコール&会見~

ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』製作発表記者会見レポート

【おけぴ観劇会】『千と千尋の神隠し』おけぴ観劇会 2024/3/23(土)夜開催決定@帝国劇場

【おけぴ観劇会】KERA CROSS 第五弾『骨と軽蔑』おけぴ観劇会開催決定!

【おけぴ観劇会】ミュージカル『カムフロムアウェイ』おけぴ観劇会 3/16(土)夜開催決定!

【おけぴ観劇会】ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』おけぴ観劇会開催決定!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ