2013/05/24 韓国ミュージカル『シングルズ』初日観劇&トークイベントレポ

アジアのホットなミュージカルを上演するアミューズ・ミュージカル・シアター!
開幕第2弾は1994年に日本で放送されたTVドラマ『29歳のクリスマス』から生まれた、
韓国ミュージカル『シングルズ』♪

初日の公演とスペシャルアフタートークイベントの模様をレポートいたします!
ゲストはなんと、原作者の鎌田敏夫さんと女優の松下由樹さん!


『シングルズ』キャストのみなさんと松下由樹さん

『29歳のクリスマス』、いわゆる“トレンディドラマ”の大ヒット作のひとつ!
(出演は山口智子さん、松下由樹さん、柳葉敏郎さん、仲村トオルさん、水野真紀さんら)
29歳、人生の岐路に立った独身男女が、恋愛、結婚、仕事・・・に悩みながら
人生を切り開いていく姿を描いたラブストーリーです。

懐かし~!好きだったわ~!という方も、
うっすら覚えてる・・・という方も、
初耳!!という方も、
みなさま一緒にお楽しみいただきたいのがKミュージカル『シングルズ』です♪

両作品の関係を紐解くと。
韓国では、まず2003年に『29歳のクリスマス』を元にした、
映画『シングルズ』が上映。
そのヒットを受け2007年にミュージカル化され、
共感ストーリーと魅力的なミュージカルナンバーで人気を獲得!
その後も再演を重ね、今年も5月11日からソウル・大学路(テハンノ)にて
上演されているのです。

ということは・・・日韓同時上演!!
ちなみに、韓国ではNo.1デートミュージカルの呼び声も高いとのこと!!


来日するキャストもまさに大学路で出演中のみなさん!

つまり、フレッシュな大学路の“今”をそのまま六本木で体感できる、チャンスです!

お話は・・・主人公ナナンの29歳のバースデーから始まります♪

ナナン役:ウ・グムジさん

恋も仕事も最悪の展開となってしまうナナンですが、
芯にある明るさやバイタリティーを感じさせるハツラツ演技が印象的です。
ことのほか“恋愛”に関しては、妄想で先走っちゃうところがとっても可愛い!

いろいろ傷心のナナンが頼るのは・・・やっぱり親友!キャリアウーマンのドンミです。

ドンミ役:ソ・ジョンファさん

姉御肌で仕事バリバリ、ハンサムウーマンっぷりをカッコよく演じつつ、
その強さの裏にある脆さ、乙女な面もしっかり伝わってきて女性共感度が高そう!
(「男性は、こういう可愛さに気付いてくれないのよねー」の声、多発!)

そんなドンミのルームメイト、男友達のジョンジュンは小悪魔的な24歳の(笑)
女子にハマっているサラリーマン。

ジョンジュン役:チェ・ホスンさん
真っ直ぐで純粋で“いい人”、ドンミでなくとも「しっかりしなさい!」と
背中を押してあげたくなるジョンジュンです。
特に、告白シーンは必見!
(「やっぱりこういう子にハマるのよねー、まったく!」の声、多発!)

こちらのクールなイケメンは!
ナナンの新しい恋のお相手、証券マンのスホンです。


スホン役:チャン・ジウさん
見事なスタイル(脱いでも凄いんです!)、
整った顔立ちのチャン・ジウさんが演じるスホンは、
どこか天然の香り漂うイケメンです。
何かワンテンポずれる(笑)、完璧でないスホンの人間味、
そして一途な愛が素敵です!

そして、“マルチマン”の存在もお見逃しなく。
その名の通り一人で何役も演じ分ける、韓国小作品ミュージカルのエネルギーと
スキルの高さの象徴とも言うべき“マルチマン”。

ひとつの役を軸にして、他に数役をこなすお二人をコメントとともにご紹介!
ジョンジュンが思いを寄せる小悪魔女性・ジヘを演じるのはチェ・ヒョンジさん!

「頭の先から足の先まで、靴下まで替える早替えをしながらも、
軸になるジヘ役をぶれずに演じるところが難しさです。」(チェ・ヒョンジさん)

声も仕草もチャーミング!そして動きのキレもいいっ!
(先日ソウルで観た『リーガリー・ブロンド』でも随所で光ってました!)
結婚への打算も全部オープンなジヘちゃんは、悪い人じゃないのかもしれないけれど。
ドラマでは水野真紀さんが演じた役どころ、
観劇後のネタとしてはなかなかホットな存在です(笑)。


男性マルチマンは、主にナナンの上司・チョン部長を演じるユン・ソンウォンさん。

「外見的な早替えなどももちろん、違うキャラクターを演じる内面的な切り替えも大変ですが、
そこがやりがいでもあります。」(ユン・ソンウォンさん)
“いい加減で冷たそう?”から“ん?面白い人?”、“優しい人なんじゃない!”と
印象が変化するチョン部長も要チェックですよ!!

恋も仕事も前途多難。
でも、自分で選んだ人生、絶対幸せになってやる!


自分の価値観で人生を切り開いていく登場人物に自分を重ねたり、
“あの頃”を振り返ったり、それぞれの立場で感じることの多い作品です。


<アフタートークイベント>
まず、本番を終えたばかりのキャストが登場し、
日本語でのご挨拶に会場もほっこり温かい空気に!
そこに原作者の鎌田敏夫さん、女優の松下由樹さんが登場!

鎌田さんの言葉でとても印象的だったのは、

「まず、『29歳のクリスマス』のノベライズが韓国で翻訳されて出版されました。
ソウルの書店で自分の本が平積みになっていたんですよ。そこで、書店員さんに
「原作者は女性だと思っていました。」と言われたことが嬉しかったですね。」

女性の生き方、友情を鮮やかに描いたこの作品、
確かに女性目線と思われるかもしれないですね。

続いて、『29歳のクリスマス』で今井彩 役を演じた松下由樹さんが登場すると、
大興奮だったのは、同じ役どころ、ドンミ役のソ・ジョンファさん!


「彩を演じた松下さんがいらっしゃると聞き、緊張していました!実際にお会いしたら、やさしくて、
それでいてカリスマ性があって、自分は子猫になったような気分でした。」(ソ・ジョンファさん)


「女性の思いが描かれたこの作品が放送された当時はもちろん、
今も多くの女性に「見ていました!」とお声かけいただきます。
今も多くの方に影響を与えている作品なんですね。」

前作『カフェ・イン』もご覧になったという松下さん、
韓国ミュージカルの印象は「とにかくキュート!」。
これには大きくうなずいた取材班です。
迫力とスピード感で押せ押せの大劇場Kミュージカルとは一味違う、
温もりと可愛らしさのある小劇場Kミュージカルをライトに楽しめる
『シングルズ』公演、ぜひ、お楽しみください!


セットは“アーバン”な雰囲気とハイヒールをかたどった階段が素敵です!

大学路での300席弱の劇場からのお引越し公演初日ということで、
若干、勝手の違い、硬さが感じられましたが、
若いキャストのエネルギーで、これからどんどん盛り上がっていきそう!

前半キャストは6/2まで、6/5からの後半キャストとの見比べもおススメです!


<公演情報>
『シングルズ~29歳のクリスマス~』
2013年5月24日~6月16日@アミューズ・ミュージカル・シアター

<スタッフ>
演出:キム・ジェウ
作詞・台本:ソン・ジェジュン
作曲:チャン・ソヨン

<出演>
※ナナン/スホン/ドンミ/ジョンジュン/女性マルチマン/男性マルチマンの順に
5/24-6/2
ウ・グムジ/チャン・ジウ/ソ・ジョンファ/チェ・ホスン/チェ・ヒョンジ/ユン・ソンウォン
6/5-6/16
ホン・ガンソン/オム・テヒョン/イ・ウン/チェ・ヒョンウック/イ・ジヨン/チュ・ヨンガク

<あらすじ>
幸せな微笑を浮かべて目を覚ました29歳の誕生日の朝。
ナナンはいつのまにか増えたシワと髪の毛の白髪を発見。
そして3年間付き合った彼氏からの一方的な別れ宣告。
おまけに職場での左遷まで。彼女の特別な日は人生最悪の誕生日になってしまう。
そんな彼女の親友ドンミは、クールなワーキングウーマンで自由恋愛主義者、
善良な男友人ジョンジュンは小悪魔女性にハマってしまっているサラリーマン。
徐々に新しい職場に適応し、ナナンはどこかで見たことあるずうずうしい男、
スホンと出会い、ドンミとジョンジュンにもそれぞれ恋愛大事件が起こり始める。
それぞれの恋愛模様の中、彼らは自分の人生で何が大切なのかをみつけられるのだろうか...

<上演時間>
110分(休憩無)

作品公式サイト



おけぴ取材班:おけぴ管理人(文)、chiaki(写真・文)

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)