カムカムミニキーナ「> ダイナリィ」開幕レポ

★舞台写真を掲載しています。ご観劇前のみなさまはご注意ください★


劇団旗揚げから四半世紀!
謎の記号「>」の謎を追って、妖狐に陰陽師、演劇人が入り乱れる、
虚実併せ呑みの奇譚大河物語!
劇団カムカムミニキーナ25周年記念舞台『>(ダイナリィ)』、
早速観てきた方達の感想と共に、開幕レポをお届けします!

舞台と客席が同次元に存在、役者が劇場中を走り回り、スタンバイから早替えまで“すけすけスケルトン(!)”で見渡せるカムカム十八番・シリーズ「サラウンド・ミニキーナ」の集大成でもあるこの公演。
いったいどういうこと?
と気になる貴方に、早速観てきた方の感想をご紹介!

◆何もない舞台。カムカムミニキーナも方向変えたか?と思ったら、
舞台下から出るわ出るわ。これでもか!と言う位色んな物が出てきた~。
役者の面々、身体全体から声を振り絞ってた~。

◆舞台を三方からの囲み客席。
舞台下がスケルトンで役者さんたちは舞台中も下で着替えたり待機したりで、通常の芝居と比べて圧倒的に気を抜ける瞬間がないのでホントに大変!
体力も使うであろうお芝居でした。


◆板張りの三方囲み舞台、しかも舞台の下が楽屋という不思議な空間。
ストーリーは狐にまつわる伝説を取り込みつつ、インプロっぽい劇中劇に表現規制委員会というシュールな役人が登場したりと、カムカムらしいヒネリの効きすぎた直球がバンバン繰り出されるので目が離せません。
席種ですが、作品そのものを楽しみたい方は一般席、舞台の上下を堪能したい方はSSS席がお勧めです。
横からだと楽屋がもろに見えるので、役者たちの着替えや休憩、小道具の片づけなど普段見ることのできない「裏側」が覗けます。

◆躍動という言葉がぴったり合う舞台です。舞台の上にいる役者だけで無く、
いない役者の姿も見え隠れするので、その仕掛けが一層躍動感を生み出しています。


◆現実なのかお芝居なのか、劇中劇なのかなんなのか?
混沌としてますが、でも目の前のお芝居だけを受け止めてれば大丈夫!
布を使ったり人力で場面転換していく様が楽しかったです。

◆とにかく不思議な空間で、役者の出入りも気になりそうですが意外と気にならず楽しめました。
今の自分も演劇というものに取り憑かれているんだなぁ、と実感して帰ってきました…。

◆物語は、演じるということに焦点を当てた、劇団創立25周年という節目に持ってこいの内容で、観劇好きな人にむしろお勧めしたい内容です。

◆清水宏さんの汗が凄い。一人だけ凄い汗の量です。お話もとても面白いのですが、
舞台装置とその周りの役者さんたちの動きもすごいのでぜひ注目しながら見て欲しいです。

◆カムカム初めて観劇しましたが、前衛演劇人の凄まじいパワーを頂き笑い、舞台下の楽屋?も色々観れて2倍楽しめました!



出演は、テレビや映画で大活躍中、久々にカムカム舞台に戻ってきた山崎樹範さんをはじめ、
藤田記子さん、吉田晋一さん、作演出の松村武さんら劇団メンバ-に加え、
夕樹壽太さん、莉奈さん("フランク莉奈"から今年改名)、
そして近年ではコメディアンとして海外での活躍も目覚しい清水宏さんもご出演!


「古典、伝承を基に、時空を超えて日本人のルーツを遡及するカムカム大河」


「不等号記号大なり」と書いて「>」。
まるで狐の横顔のようなこの記号に隠された謎とは?


神出鬼没のおもしろキャラクターたち&囲み舞台!
目の前に迫る虚実カムカムワールドに圧倒されていらしてください!!


【公演情報】
カムカムミニキーナ旗揚げ25周年記念公演
『>(ダイナリィ)~大稲荷・きつね色になるまで入魂~』
2015年11月12日~22日@座高円寺1

<上演時間>
約2時間10分前後

<出演>
山崎樹範/藤田記子/吉田晋一/松村武
清水宏/夕輝壽太/莉奈/本間茂樹/芹井祐文
未来/田原靖子/田端玲実/佐藤恭子/長谷部洋子/米田弥央
亀岡孝洋/藍山彩/元尾裕介/正木航平/菊川耕太郎/福久総吾
大倉杏菜/芦原桐子/柳瀬芽美/渡邊礼

<作・演出>
松村武

<あらすじ>
小さな手がかりに隠された真実を、
演劇として再構築するという「演劇探偵メソッド」を実践する、劇団「芸能革命」。
ある日、記憶を失った少女・安倍マリヤが、依頼人として現れる。
マリヤがその手に抱ていえた一冊の日記帳をもとに、
座長・憩健太(清水宏)は、少女の過去を、演劇として再構築することを試みるのだが…。
一方、劇団の大黒柱・ハラタツこと原辰雄(山崎樹範)は、
「内閣府表現規制調査会」に買収され、演劇と手を切る寸前であった。
執拗に劇団つぶしにかかる表現規制調査委員会。
弾圧に負けじと稽古に励む劇団員。
だが、内閣府に蠢く怨念は、いつか実体化してゆき、
演劇と現実は、その境目を見失ってゆく…
表現は体制に打ち勝つことが出来るのか。
演劇で怨霊と闘うことが出来るのか。
また、マリヤを巡る劇団内恋愛、
イケメン俳優・泥沼誠司(夕輝壽太)とハラタツの三角関係の行方は如何に。

3方囲み舞台上に繰り広げられる、劇中劇、劇中劇中劇。
舞台裏も早替えも丸見えのスケルトン演出。
カムカムミニキーナ25周年を記念する、意欲作!

公演ホームページ

感想寄稿:おけぴレポ隊のみなさま 
写真提供:カムカムミニキーナ

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)