ミュージカル『マリー・アントワネット』開幕レポ後編~作品を彩る登場人物たち~



前編から続く

 ここからは二人のMAを取り巻く人々、作品と彩る登場人物たちをご紹介いたします。

 まずはこの方、王政側にいながら民衆の国王一家への憎しみを焚きつける黒幕オルレアン公。



上原理生さん


小野田龍之介さん

 ともに初役となる上原理生さんと小野田龍之介さんが演じるオルレアン公。王位を虎視眈々と狙い、深みのある声で悪の色香漂わせる上原オルレアン、刺すようなシャープさで権力への執着を歌声に乗せる小野田オルレアン。タイプの異なる歌ウマなお二人が歌うオルレアンのロックナンバー♪私こそがふさわしい、♪世間を支配しろ はひと言で言うとそりゃもうカッコいいんです! でも、それは危険! 思わず観客も扇動される民衆の一人になってしまいます。歌声のカリスマ性でコトを進める両オルレアンにはご用心!



自らに陶酔


後ろ姿も素敵
 



原田優一さん


 内向的な国王ルイ16世は原田優一さん。柔らかな表情で歌う ♪もしも鍛冶屋なら では豊かな歌声が劇場内に響き渡ります。♪明日は幸せ(リプライズ) で見せる家族の肖像は切なく映り、そんな大切な家族を守るためでも「自国民への発砲はしない」という確固たる意志を示す終盤。国王として生きた彼の人生にも思いを寄せたくなります。



駒田一さん、彩吹真央さん


 マリー・アントワネットが大のお得意様だったヘアドレッサーのレオナール、衣裳デザイナーのローズ・ベルタンは駒田一さんと彩吹真央さん。贅を尽くした生活から逃亡の日々まで、時代やマリーの人生を象徴する存在です。二人のシーンはコメディリリーフ的な、お楽しみでもありますが、時代を生き抜くたくましさを体現するお二人が要所要所で存在感をしっかりと示すことで、時流の変化や王族と民衆の対立構造がより鮮明に浮かび上がる。決して本筋から飛躍しすぎない、肝なシーンになっています。



彩乃かなみさん


 ♪神は愛してくださる で慈愛の歌声を響かせるのは彩乃かなみさん演じるランバル公爵夫人。常にマリーとその一家に寄り添い、無事を祈り続けた女性の強さとおおらかさが光ります。


 そして、マルグリットを革命派の活動に誘うのが詩人のジャック・エベール。上山竜治さんと川口竜也さんのWキャストです



上山竜治さん


川口竜也さん

 言葉で人を動かすエベール。川口さんはマルグリットを陰で操り自らは策士に徹して用意周到に仕掛けていく印象、対して上山さんはより積極的に関わりとりわけ序盤はマルグリットとニコイチ感が強い。ただし、これは川口さんとソニンさん、上山さんと昆さんという組み合わせで見た印象ですので、組み合わせが変わるとパワーバランスが変わる面白さがあるでしょう。


 怒れる民衆たちはやがて暴徒と化して宮廷へ押し寄せる。いつの間にかマルグリットはその急先鋒に。自らの意思で、自らの正義のもとにこぶしを振り上げたマルグリットですが、次第に周囲に違和感を覚えはじめるのです。

 贅の限りを尽くした衣裳を身にまとった天真爛漫な王妃マリーは、すべてを失いすべてを受け入れ断頭台へ、時を同じくして、正義とは──自らに問いかけるマルグリット。



 MAたちの運命の交錯をドラマティックな音楽で綴るミュージカル『マリー・アントワネット』、分断、正義の暴徒といった現代だからこそ響くテーマも内包する骨太な作品です! ラストは18世紀のフランス激動の時代を生きた人々が揃って客席を向き歌います。観客は逃げ場なし、歴史から投げかけられる問いの重さと舞台の高揚感のギャップ。それもまたミュージカルの醍醐味かもしれませんね。




国王一家を追う民衆の怖さ




速報レポもご覧ください
前編はこちら

ミュージカル『マリー・アントワネット』
2021年1月28日~2月21日@東急シアターオーブ
3月2日~11日@梅田芸術劇場メインホール

<キャスト>
花總まり 笹本玲奈(マリー・アントワネット)
ソニン 昆 夏美(マルグリット・アルノー)
田代万里生 甲斐翔真(フェルセン伯爵)
上原理生 小野田龍之介(オルレアン公)
原田優一(ルイ16世)
駒田 一(レオナール)
彩吹真央(ローズ・ベルタン)
彩乃かなみ(ランバル公爵夫人)
上山竜治 川口竜也(ジャック・エベール)

中山 昇(ロアン大司教)
中西勝之(べメール)
朝隈濯朗(ギヨタン博士)
青山航士(ロベスピエール)
原 慎一郎(ダントン)
家塚敦子(ラ・モット夫人)

荒田至法/石川 剛/榎本成志/小原和彦/川口大地/扇国 遼/横沢健司/りんたろう
天野朋子/石原絵理/今込 楓/岩崎亜希子/大竹萌絵/島田 彩/堤 梨菜/遠山さやか/舩山智香子/山中美奈/吉田玲菜

<スタッフ>
脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出:ロバート・ヨハンソン
   遠藤周作原作「王妃マリー・アントワネット」より
翻訳・訳詞:竜 真知子
指揮:塩田明弘

<あらすじ>
https://www.tohostage.com/ma/story.html
<公演HP>
https://www.tohostage.com/ma

おけぴ取材班:chiaki(撮影・文)監修:おけぴ管理人

おすすめ PICK UP

【感想と舞台写真で綴る】こまつ座 第139回公演『雨』観劇レポート

【WOWOW 生中継・ライブ配信】『第74回トニー賞授賞式』関連~9/26&27はミュージカルファン必見の豪華プログラムを放送・配信!タイムテーブルや出演者を発表!~

【公演NEWS】KERA CROSS第四弾『SLAPSTICKS』上演決定!(作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ×演出:三浦直之)

【公演NEWS】ミュージカル『SINGIN' IN THE RAIN ~雨に唄えば~』日本特別公演 アダム・クーパー氏 オフィシャルインタビュー

ミュージカル『オリバー!』歌唱披露イベントレポート

【狂おしいほどの愛】ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』観劇レポ~19世紀末のロンドンを舞台にした連続殺人事件の真相は~

【公演NEWS】2021/2022シーズン・バレエ開幕公演『白鳥の湖』 吉田都芸術監督からのメッセージが届きました~ドラマ性が際立つロジカルな演出~

新国立劇場 演劇『イロアセル』作・演出 倉持裕さん取材会レポート〜チラシビジュアルも解禁〜

★バレエ公演での初のおけぴ観劇会★新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』にて、おけぴ観劇会開催決定!<2021年10月30日(土)昼>

【おけぴ観劇会】ミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」おけぴ観劇会 10/27(水)昼開催決定

ミュージカル『GREASE』おけぴ観劇会開催決定<2021年11月14日(日)昼>

おけぴオンライン番組表(巣ごもり番組表から改名)の使い方

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)