片岡愛之助さん初ミュージカル!『コメディ・トゥナイト!』製作発表会レポート

 片岡愛之助さんがミュージカルに初挑戦!

 ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムが作曲。1963年のトニー賞6部門を受賞し、映画化もされた傑作ミュージカルコメディが、個性豊かなキャストを迎えて“江戸版”に!?



 片岡愛之助さん主演、宮本亜門さん演出のミュージカル『コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》』製作発表記者会見の模様をレポートいたします♪




【ようこそ、ミュージカルの世界へ!】

 
 『イントゥ・ザ・ウッズ』『スウィーニー・トッド』、そしてブロードウェイ上演&史上初の東洋人演出家作品としてトニー賞ノミネートも果たした『太平洋序曲』など、ソンドハイム作品と縁の深い宮本亜門さん。

 1962年の初演からロングラン&リバイバルを重ねている大ヒットブロードウェイミュージカルを海外で、しかも設定を“お江戸”に移しての上演は「史上初だと思います」と語ります。

 「ソンドハイムから「なぜこれを江戸版にしてやらないんだ」とずっと言われていました。でもミュージカルは西洋のものというイメージがあってなかなか実現しなかった」とのことですが、「松竹さんが勇気を出した(笑)」ことにより、お江戸版としての上演が決定。

 「愛之助さんがミュージカルをやりたがっていると聞いて私は耳を疑いました(笑)。なぜなら正直…(ソンドハイムの)楽曲は難しいです! 愛之助さん、ようこそミュージカルの世界へ!」




これまでにもシスティーナ歌舞伎など舞台上で歌を披露する機会はありましたが、本格的なミュージカルへの出演はこれが初めてという片岡愛之助さん。

 「昔は歌舞伎にしか興味がなくて、ほかの同世代の役者たちが歌舞伎以外の舞台や映像作品などに出ているのを見て「歌舞伎だけでも大変なのに、すごいな」と思っていました(笑)」という愛之助さんですが、歌舞伎をもっと広く知ってもらうためにもいろいろな作品に出ようと決意して勉強を始めたところ、「現代劇も映像作品も、歌舞伎と相通じる部分がある」と気がつき、「歌舞伎は和製ミュージカル」という思いから歌唱レッスンを受けていたとのこと。初ミュージカルとはいえ、長年のレッスンの成果で舞台上で歌う準備はバッチリ! かと思いきや…

 「ソンドハイムさんの曲は非常に難しゅうございます。(音程が)上がりたいところで下がるんですね。それでもこの作品はソンドハイムのなかでは簡単なほうと言われてズッコケました(笑)」

 セリフの意味や内容を理解して演じることを前提に、「歌舞伎のセリフも、言ってみれば歌のようなもの」と語る愛之助さん。「わかりやすく言うと“音程”や、声の“出どころ”が大事」と明かしてくれました。

 「町人と武士の役では、声の“出どころ”が違う。そういうあたりはミュージカルと(歌舞伎が)共通しているのではと思います」






【計算されつくしたドタバタ喜劇が“江戸版”にぴったりきた】



ソンドハイム作品への思い入れは並々ならぬものがある宮本亜門さん

 本作の大きな注目ポイントは、なんといっても舞台設定が古代ローマから江戸に移されていること。しかも歌舞伎役者である愛之助さんが主演ということで、どんな舞台になるのか興味がつきませんが…

 「原作は古代ローマが舞台ですが、ローマ人やギリシャ人が作ったわけではなく、アメリカ人が“こんなローマがあったらおもしろいよね”というパロディ精神で作った作品です。ですから真面目にほんとうの“江戸”をやるのではなく、「こんな江戸があったらいいよね、おもしろいよね」という遊び心を持って作りたい」と亜門さん。

 「歴史の先生に怒られちゃうような設定も敢えて入れています。こんなの江戸じゃないと言われてしまうかも(笑)。世界に向けて「日本ってこんなにおもしろい、楽しい世界を作れるんだ」と発信してきたいというのが僕の思い」

 ソンドハイムには「とにかく、あなたがやりたいようにやりなさい」と言われたと明かし、「もとの台本が驚くほどよく出来ている。ドタバタもここまでやるか! というほど計算され尽くしていて、ゲラゲラ笑って楽しめる作品。このリズム感をぜったいに崩したくない」と意気込みます。

 「これがまた江戸の設定にもぴったりくる。あのおっさん…いやおっさんって言っちゃだめですね(笑)、ソンドハイムが「江戸版でやれ」とあれだけ言っていた理由が台本と向き合ってわかりました」




「ソンドハイムさんと亜門さんが親しかったからこそ不可能が可能になり実現した“江戸版”。そこに入れていただけて役者としてこの上ない幸せです」


 物語をかき回す丁稚の丁吉を演じる愛之助さんに加え、その主人・比呂役の内博貴さん、比呂の恋のお相手役・平野綾さん、恋敵(?)役を鈴木壮麻さん&上山竜治さんがダブルキャストで演じるほか、「ミス・サイゴン」で本格的にミュージカルデビューされたダイアモンド☆ユカイさんが置屋の主人役で出演。さらにルー大柴さん、徳井優さん、松田美由紀さん、高橋ジョージさん…とテレビや舞台でお馴染みの顔ぶれが揃ったカンパニー。

 「めちゃくちゃ個性の強い方ばかり。はたしてこれはまとまるのか? と心配しておりますが、これはもう亜門先生にまとめていただくしか…」(愛之助さん)

 「私は今回、まとめる気はございません(笑)!」(亜門さん)


 悲しい出来事は一切なし。自由を求める男が、主人の恋路のために策略をめぐらして…すったもんだの大騒ぎ…!

 ブロードウェイ・ミュージカルの設定をまるごと“江戸”に変えて上演するという前代未聞のプロジェクト。
 
 異色かつ必然のタッグが挑む“今宵は喜劇!”=『コメディ・トゥナイト!』は2017年3月4日(土)から28日(火)まで新橋演舞場にて上演。4月2日(日)から25日(火)まで大阪松竹座にて上演されます。




この記者会見の前日に台本をもらったという愛之助さん。
「台本はいただくまではワクワク、読んでみてセリフが多いとだんだんページをめくる手が重くなってくる(笑)。今回は稽古期間が比較的長くあるとはいえ、気を引き締めてかかりたい」(愛之助さん)
「セリフも動きも死ぬほどあります。そろそろ覚え始めたほうがいいですよ」(亜門さん)
「がんばります(笑)!」(愛之助さん)


【公演情報】
ブロードウェイ・ミュージカル『コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》』
2017年3月4日(土)-28日(火)新橋演舞場(おけぴ劇場map
2017年4月2日(日)-25日(火)大阪松竹座(おけぴ劇場map

演出・上演台本・訳詞:宮本亜門
作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム
脚本:バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート

出演:
片岡愛之助
内博貴

平野綾 ダイアモンド☆ユカイ 上山竜治(ダブルキャスト) 鈴木壮麻(ダブルキャスト)

ルー大柴 徳井優 松田美由紀 高橋ジョージ

伊藤広祥/後藤光葵/澄人/常住富大/広瀬斗史輝/森内翔大/
大内慶子/大西絢子/小澤可依/咲良/NAMImonroe/福田あり紗

あらすじ:
お江戸の街に並ぶ3軒の家。
ひとつは薬問屋の布袋屋楽右衛門(高橋ジョージ)の家。女将のお高(松田美由紀)、息子の比呂(内博貴)、丁稚頭の金吉(ルー大柴)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助)が住んでいる。
もうひとつは澤野屋(ダイアモンド☆ユカイ)が営む美女を集めた置屋。そしてもうひとつは幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優)の留守宅。
この物語の主人公、陽気な丁稚の丁吉はいつも自由の身になることを夢見ていた。
ある日彼は、主人の比呂が置屋の新入娘お美津(平野綾)に恋していることを知る。丁吉は、楽右衛門夫妻が旅に出ている間にお美津との仲を取り持てたら自由の身にするという約束を比呂から取り付けた。
だが、実はお美津は侍の荒尾正蔵(鈴木壮麻・上山竜治)に身請けされることが決まっている身。丁吉は置屋の主人を丸め込み、お美津を家に連れ込む。事は上手く運ぶと思われたが、そこに突然一人で帰宅した楽右衛門を、お美津が身請け相手だと勘違い。
楽右衛門は留守にしている川端の家にお美津を誘い込む。
そして、お美津を身請けしに荒尾が現れ、更には放浪の旅から川端も帰宅し、なんと楽右衛門の浮気を疑うお高までもが旅から戻り――――――。
丁吉の仕掛けた策略はとんだ方向に向かってこんがらがり、ドタバタに……さて、丁吉の運命はいかに!?

公演公式サイト







 


おけぴ取材班:ayano mamiko  おけぴ管理人(撮影)

こちらもどうぞ

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)