2014/03/13 宝塚歌劇 雪組シアター・ドラマシティ公演 ミュージカル『心中・恋の大和路』~近松門左衛門「冥途の飛脚より」~ 公開舞台稽古レポ

 今年8月での退団を発表した雪組トップコンビ壮一帆さん・愛加あゆさんが揃って主演する宝塚歌劇雪組シアター・ドラマシティ公演『心中・恋の大和路』

 初日に先駆けて公開された舞台稽古の模様を、写真付き速報レポにてお届けいたします!




 人形浄瑠璃、そして歌舞伎で繰り返し上演され続けている忠兵衛梅川の悲恋物語。
大阪の飛脚問屋・亀屋の養子に入り若旦那として差配をふるう忠兵衛(壮一帆さん)が、遊女・梅川(愛加あゆさん)と出会ったことから恋に身を焦がし、やがて道を外していく…というストーリーはご存じの方も多いはず。

 男女の愛、そして親子の愛、男同士の友情など、様々な形で “人の情け” を感じさせるこの作品は、近松門左衛門の『冥途の飛脚』を原案に、昭和54年に瀬戸内美八さん主演で初演され、その後も上演が重ねられてきた宝塚歌劇の名作のひとつです。

 今回の雪組公演もまた芝居巧者が揃い踏み。それぞれの役の関係性、心情をじっくりとみせてくれる “演技” が見どころとなりました。



壮一帆さん×愛加あゆさん
雪組トップスターコンビが “近松門左衛門の世界” を体現!


「梅川のことが愛しくてたまらない」

 そんな想いを体中から感じさせる忠兵衛を演じるのは、もちろん雪組トップスターの壮一帆さん二枚目の若旦那らしい柔らかな大阪言葉が心地よく耳に響き、退団を発表してからよりいっそう研ぎ澄まされた感のあるすっきりとした舞台姿は、梅川でなくても惚れ惚れとする美しさ。

 店の手代・与平(月城かなとさん)が、花魁・かもん太夫(大湖せしるさん)に寄せる思慕には、年長者らしい理解と思いやりを示し、粋なはからいをする一方で、自分と梅川の事になると善悪の見境もつかなくなる…。

 そんなアンバランスな忠兵衛役を、壮さんらしい飄々と軽やかな存在感と苦悩の表情を絶妙に織り交ぜて演じます。物語の終盤、梅川に向ける笑顔の切ない優しさは絶品!

 その忠兵衛を一心に慕う梅川を演じるのは、壮一帆さんとの同時退団を決めた愛加あゆさん。悲恋物語ということで終始伏し目がちな梅川ですが、それでも陰らない美しさはさすが忠兵衛が惚れ込んだ女っぷり。

「舞台上のどこにいても忠兵衛を目で追っている」

 そんな印象をうけるほどに一途で健気な遊女・梅川になりきるその姿に、トップコンビの絆を重ねあわせることができるのも宝塚歌劇ならでは。“今” を精一杯愛しぬきたい……そんな梅川の心に心が震えます。



 雪組きっての実力派・未涼亜希さんが演じるのは、忠兵衛の友人・八右衛門。恋に狂い、道を踏みはずそうとしている親友のためにとった行動、それゆえに歯車がずれていく運命…。壮一帆さん未涼亜希さんだからこそ出せる二人の関係性を、その目にしっかりと焼き付けましょう!

 そして未涼亜希さんといえば、心に深く響くその歌唱力。物語のクライマックスでは、その歌声を八右衛門の男気とともにたっぷりと聴かせてくれます。舞台美術、主演コンビの演技とともに胸に迫るこのシーン。その美しさはぜひ劇場でご覧ください!



梅川の姉貴分の花魁・かもん太夫を演じる大湖せしるさん(写真右)


 郭の女として最上級の幸せをつかんだ花魁かもん太夫と、追われる身となる梅川。愛加あゆさん大湖せしるさんが、対照的なふたりの運命を鮮やかにみせる遊郭の場面。透水さらささん桃花ひなさんらと舞い踊る場面の華やかさにも乞うご期待!踊りながらも、それぞれの役の心の中を感じさせる梅川と太夫。どちらからも目が離せなくなる名場面です。



 複雑な親心をみせる忠兵衛の実父・孫右衛門(汝鳥伶さん)と、正体を明かさずに会話を交わす梅川。こちらも、短いながら物語に深みを与える名場面!罪を犯した息子、そのきっかけとなった女への怒り、それでも生きていてほしいと願う親の心……。専科より出演の汝鳥伶さんの芝居力が物語の悲劇性をよりいっそう深めます。

 現代の郵便局と銀行の送金システムをあわせたような役割を担っていた飛脚問屋。自分のものではない金に手を付けることは無論ご法度、しかし恋に狂った忠兵衛は……と、あまりにも有名なそのストーリー。そこに宝塚らしいアレンジが加わり、よりいっそう人間の弱さ悲しみを感じられる作品になっている『心中・恋の大和路』。「歌舞伎や人情浄瑠璃に馴染みがない」という方でも、近松門左衛門が描き出した普遍的な人間の姿、その生きざまに胸を打たれるのではないでしょうか。

 飛脚問屋仲間を演じる香綾しずるさんが笑いを誘う小芝居シーンや、久城あすさんの腰を落とした踊りなど、その他の出演者にも持ち味に応じた見せ場あり。うぶな手代・与平を演じる月城かなとさんのソロ歌唱や、番頭役に挑戦する帆風成海さんの堅実な演技など、若手注目株の活躍も見逃せません!




 「軽やかさのある二枚目」という壮一帆さんらしい役柄でありながら、恋ゆえに破滅していく忠兵衛。「封印切」に至る忠兵衛の心の動きをきっちりとみせるその演技はさすが “芝居の雪組” のトップスター!恋に狂った男の悲しい運命を細やかに、そして濃厚にみせる “芝居力” に注目です!


 OG公演をふくめて7度目の再演となるこの公演。初演で八右衛門を演じた峰さを理さんこと西崎峰さんが振付として参加しているのも話題のひとつです。同じく初演から番頭の伊兵衛役を演じてきた、立ともみさんも演技指導として参加。先輩から後輩へと受け継がれ進化していく名作『心中・恋の大和路』梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演は3月24日まで上演中です。

 壮一帆さん、そして愛加あゆさん。悲恋の中でよりいっそう輝くその舞台姿を、お見逃しなく!!


※西崎峰さんの「崎」は正しくは旧字体の崎(たつざき)です。
一部閲覧環境では正しく表示されない場合があるため記事中は「西崎」と記載しています。




<公演情報>
宝塚歌劇 雪組 ミュージカル『心中・恋の大和路』~近松門左衛門「冥途の飛脚より」~
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演 2014年3月14日(金)-3月24日(月)
日本青年館大ホール公演 2014年4月15日(火)-4月21日(月)

<スタッフ>
脚本:菅沼潤
演出:谷正純
<出演>
主演:壮一帆 愛加あゆ 
ほか宝塚歌劇団雪組

梅田芸術劇場 公式サイト


 
おけぴ取材班:mamiko(文/撮影)  監修:おけぴ管理人

宝塚歌劇関連レポ

おすすめ PICK UP

新国立劇場 演劇『デカローグ5』福崎那由他さん&渋谷謙人さん&寺十吾さん鼎談

ミュージカル『この世界の片隅に』開幕記念会見レポート~気持ちを色に例えると~

【公演NEWS】舞台『千と千尋の神隠し』ロンドン・コロシアムでの4か月公演がついに開幕!

第四十九回菊田一夫演劇賞発表 大賞は「ラグタイム」上演関係者一同!

【公演NEWS】劇団☆新感線『バサラオ』ご出演の中村倫也さんが福岡ソフトバンクホークス-北海道日本ハムファイターズ戦のセレモニアルピッチに登場!

【公演NEWS】ついに開幕!『メディスン』初日コメント・舞台写真公開!

【公演NEWS】ミュージカル『この世界の片隅に』座談会オフィシャルレポート♪

【NEWS】第77回トニー賞ノミネーション速報!

ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』GPレポート

【おけぴ観劇会】『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』おけぴ観劇会開催決定!

【おけぴ観劇会】ミュージカル『ナビレラ』おけぴ観劇会6/1(土)昼シアタークリエにて開催決定

【おけぴ観劇会】ミュージカル「この世界の片隅に」おけぴ観劇会 5/19(日)昼開催決定@日生劇場

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ